クリニックと脱毛サロンの違いは、レーザー脱毛にするか光脱毛にするか、また掛かる費用の違いなどもあります。

永久脱毛と毛周期の関係

クリニックとサロンの違いとは

煩わしいムダ毛処理から開放されたいなら、やはり永久脱毛がお勧めですが、永久脱毛を提供しているところは大きく分けて「クリニック」と「脱毛サロン」があります。
この違いは一言で言えば「医療機関」かそうでないかの違いです。
クリニックは医療機関ですので、医療行為と見なされることでも行うことができますが、脱毛サロンは医療機関ではないので、医療行為にあたることは全て施すことができないのです。
これだけ聴くとクリニックで脱毛する方が良いような気がしますね。
しかしクリニックにも脱毛サロンにもそれぞれにメリット・デメリットがありますから、それらをきちんと把握した上でどちらで受けるかを決めるようにしましょう。
クリニックで行われる永久脱毛は、「レーザー脱毛」になります。
レーザー脱毛も脱毛サロンで行われる光脱毛も、基本的な脱毛原理は変りません。
つまり毛根のメラニン色素に反応する光を当てることで毛乳頭と毛母細胞を破壊するという原理です。
レーザー脱毛の場合は、その名の通り使用する光がレーザーであり、これは医療機関でしか使用することのできないものなのです。
クリニックで受けることのできるレーザー脱毛は出力が高いので、その分脱毛効果も高くなります。
ですから通う期間も短くて済み、個人差もでにくいと言われます。
しかし出力が高いということは、それだけ痛みを伴うということでもあります。
勿論針脱毛などと比べるとレーザー脱毛の方が圧倒的に痛みは少ないですが、光脱毛よりは多少痛みは大きくなってしまいます。
痛みの程度が一番軽いのが光脱毛、つまり脱毛サロンで施術を受ける大きなメリットと言えます。
また脱毛サロンは競合相手がいるためか、基本料金が安いというのもメリットです。
加えてキャンペーンなども行っているので、気軽に脱毛を試してみるとができるのが良いですね。