光脱毛とは、特殊な光を当てることで毛乳頭と毛母細胞を焼き切るという永久脱毛方法です。

永久脱毛と毛周期の関係

光脱毛の原理

今脱毛専門店などで扱われる永久脱毛は、基本的にどこも「光脱毛」が主流です。
「光脱毛」という名称の他に、「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」「プラズマ脱毛」などと呼ばれることがありますが、これらはお店によって呼び方が違うだけで、全て同じ原理のもので、特殊な光を当てることでムダ毛を永久的に脱毛するというものです。
しかしどうして光を当てることで永久脱毛が可能なのでしょうか。
すでにご存知の通り、人の体毛は毛根の一番先端部にある「毛乳頭」が栄養素を吸収し、毛母細胞が分裂するよう促します。
毛母細胞の分裂=体毛が伸びるということですが、単純に伸びてきた毛を抜いただけでは毛乳頭と毛母細胞が毛穴の奥に残っているので、しばらくするとまた生えてきます。
つまり永久的にツルツルの状態をキープしたいなら、毛穴の奥に存在する毛乳頭と毛母細胞を破壊してしまわなければならないわけです。
そこで登場するのが、光脱毛に使用する特殊な光です。
光にはそれぞれに「波長」というものが存在しますが、ある種の波長を持つ光はある特定の色にだけ反応するという性質を持っています。
光脱毛ではそのうち毛根部分にある黒いメラニン色素の色にだけ反応して吸収され、熱を発する光を取り出すため、特殊なフィルターにかけてそれを脱毛したい部分に当てるのです。
毛根部分にあるメラニン色素が光を吸収し熱を発することで、その部分に存在している毛乳頭と毛母細胞が焼き切られるというわけですね。
こうして毛乳頭が破壊されれば、もう体毛を育てる元になるものがなくなりますから、そこには二度と体毛が生えてこないのです。